事務所案内

 ごあいさつ


本日は当事務所のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
昨今、メディアにおいて労働問題が多く取り上げられています。国の政策においても「働き方改革」は与党の重大取組み課題と位置づけられています。「国はかなり本気」ということです。少子高齢化で若い労働力が少なくなっている日本で、これから大事なことは、高齢者の経験豊富な力をいかに活用するか、ということです。そして、世代間を超えて会社の発展につなげることです。
これから御社が発展していく為には、経営者が考え方を変革して、将来の予想されるリスクに早く対応していくことです。これからは老若男女問わず、労働者を「人材」ではなく「人財」として働いてもらうことを、真剣に考える時が到来していると思って頂きたいのです。

  特定社会保険労務士 
   柴 原 英 雄
 


事務所の経営理念

事務所内イメージ

 

滋賀は近江商人発祥の地でありますが、私は先人たちの商売理念を当事務所でも取り入れております  

  いわゆる   「売り手よし 買い手よし 世間よし」

お客様(買い手)に喜んでもらうことはもちろん、社会貢献ができてこそ良い商売であるという考え方であり、 社会との関わりを重視するソーシャルマーケティングの視点が含まれています。

他所に赴いて商行為を行い、地盤を築いていった近江商人だからこそ、信頼を得て商売を成功させるためには、私利私欲の為だけでなく、その地域のことを心から想い、地域に貢献することが必要であるという考えだと思います。

私たち社労士は会社様の人財についての仕事をしています。私はこの「三方よし」を言い換えるなら  

 「売り手」→従業員様、私 「買い手」→事業主様  「世間」→私、従業員様

この三方が共に幸福、発展できるように仕事をさせて頂くことが真の願いであり、理念でもあります。 滋賀で生まれ、育ち、働く私にとっては、この精神をいつまでも持ち続けていきたいです。

      従業員満足度のアップが 会社の発展アップにつながるのです  

 


沿革

1974年 滋賀県出身

1997年 京都産業大学経営学部卒業

 同年  県内の大手流通業 入社

2012年 社会保険労務士資格取得・登録

2016年 県内の社会保険労務士法人 入職

2017年 しばはら労務管理事務所 開設

~2019年3月   労働基準監督署 総合労働相談員 非常勤兼務 

2019年4月   労働基準監督署 36協定点検指導員 非常勤兼務 


所属団体

全国社会保険労務士会連合会 会員
滋賀県社会保険労務士会 会員
滋賀県SR経営労務協会 会員
日本FP協会 AFP資格会員
滋賀県販売士協会 会員